引っ越しは大きなチャンス!粗大ごみは不用品回収を利用する方法も


新居に持っていく家財道具を決める

自宅にある家財道具のなかには、頻繁に使うものばかりとは限りません。せっかく購入したのに、入手したとたんに興味が失せることはよくある話です。その結果、知らず知らずのうちに生活空間を圧迫しているかもしれません。このような悩みを持つ人にとって、引っ越しは家財道具を片づける大きなチャンスです。新居には必要なものだけを持っていけるように、思い切って分別しましょう。

家財道具のサイズを正確に測る

家財道具を新居に持っていくためには、サイズを正確に測る必要があります。縦や横の寸法はもちろん、奥行きもしっかり測りましょう。家財道具の置き場所によっては、コンセントやスイッチが隠れることもでてきます。扉がしっかり開かなくなるかもしれません。このようなことは、家財道具を配置してから気づくこともあるのです。引っ越してから慌てないためにも、いろいろな可能性を想定しておくことが大切です。

家財道具を手放すときは不用品回収業者への依頼も

引っ越し前に家財道具の分別をすることで、荷物量を減らせることにもつながります。もちろん、新居での余分な作業を省けるメリットも大きいです。家財道具を手放すときは、友人や知人に引き取ってもらう、リサイクルショップに買い取ってもらうなどの方法が考えられます。また、自治体の「粗大ごみ」として出すことも検討しましょう。その場合、自治体のルールに従うのはいうまでもありません。もし、ごみ出しのタイミングが合わない場合は不用品回収業者への依頼も検討しましょう。その際、一般廃棄物収集運搬業の許可を得ていることが大前提になります。

不用品回収は、要らなくなった物品を自宅まで回収しに来てくれるサービスです。自分で処理する手間が省けるので、時間を確保することができます。無許可の業者に気を付けて、不用品回収を神奈川でしませんか